再造林支援事業

緑の基金再造林支援事業

静岡県内において主伐・再造林を実施し、支援金の交付を要望する森林所有者等に再造林費用の負担軽減のために支援金を交付します。

支援金の交付申請の条件

 森林所有者が静岡県内で再造林を実施した森林について、次の条件の全てにおいて該当する場合、人工造林面積1ヘクタール当たり10万円を上限として支援金を交付します。※ただし、私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律第22条第1号に規定する小規模の事業者とみなすことができない森林所有者を除きます。

1.対象森林

(1)森林法第11条に基づく森林経営計画の認定を受け、計画に基づき施業を実行した森林(国、県及び市町有林等を除く)

(2)静岡県林業関係事業補助金交付要綱第3に規定規定する補助金により主伐に伴う再造林を実施した森林

2.申請者

上記の対象森林において、再造林を実施した森林所有者、または上記(2)に掲げる補助事業の申請者

申請の流れ

1.交付申請者は、主伐の計画段階で、別紙様式(主伐・再造林計画書)をふじのくに美しい森林づくり緑の基金事務局(以下「事務局」という)に提出する。・・提出期間は通年です。

2.事務局が上記書類を受理、受付印を押したものを交付申請者に返却します。

3.交付申請者は再造林を実施した後、事務局から返却された別紙様式(主伐・再造林計画書)に再造林実施報告書の必要事項を記載し、以下に掲げる書類等を添付した上で支援金の交付を申請します。・・再造林実施後の交付申請の期間は毎年1月1日から1月31日の1ヶ月間とし、提出する前年の1月1日から12月31日までに終了した再造林を対象とします。

必要添付資料
①: 静岡県の補助事業の交付申請書の写し(静岡県林業関係事業補助金交付要綱第3に規定規定する補助金)
②: ①に添付した成績書と現地写真の写し(現地写真はホームページの実績報告で使用させてください)
③: ①の補助事業の交付確定書の写し

規程等について